コーヒーカプセルで憩いのひと時を

オフィス環境の変化を読み取ることによって生まれたのがコーヒーカプセルです。

新鮮な味のコーヒーを飲みたいという欲求は誰しも持っています。インスタントでは物足りない、スティックももう一つしっくりこないという方が増えています。そこで考えられたのが、コーヒーマシーンをオフィスに設置してもらい、コーヒーを定期購入してもらうというアイデアです。自動販売機で足りる意見もありますが、場所をとりますし気楽に飲むというわけにはいきません。

そこでカプセルならいろいろなコーヒーの味が楽しめるのではという発想で導入されたのがコーヒーカプセルです。席に座ればお茶が出てくる時代はもう終わりました。それに代わるものとして、カプセルコーヒーは職場で人気があります。人はほんの少しの時間の憩いを求めてマシーンの周りに集まってきて談笑を始めます。

そこにコミュニケーションが生まれ仕事を円滑にする働きをしています。コーヒーを通した会話が生まれるのです。コーヒーカプセルは、様々な味を楽しめるのが特徴です。カプセルに入ったコーヒーをマシーンにセットして、ボタン一つで本格的な美味しいコーヒーを淹れることができるのです。

1杯分のコーヒー豆を挽いてカプセルに真空状態で詰めていますから香りが逃げることはありません。専門店で味わうコーヒーにも匹敵するコーヒーが職場で味わえるのです。この発想はビジネスとして成り立っています。従業員は、マシーンを喜んで使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です