カフェインレスコーヒーのメリット

カフェインレスコーヒーは、その名の通りカフェインが入っていません。

しかし、カフェインレスと書かれていても、全くカフェインが含まれていないというわけでもないようです。ノンアルコールビールなども、アルコールが一定の基準値よりも少なければ「ノンアルコール」と名乗っていいようです。カフェインレスコーヒーについても、完全に零ではなくても、一定の基準よりも少ないならばこう名乗ってよいのでしょう。

カフェインが入っていないということは、夜に寝る前に飲んでも睡眠の妨げにならないというメリットがあります。珈琲が好きな人は、夜にも飲みたいと思うときがあるでしょう。しかし、夜に珈琲を飲んでしまうと覚醒作用が働いて眠れなくなります。カフェインレスコーヒーなら、夜に飲んでも安心です。しかし、利点ばかりでもありません。

カフェインには覚醒作用のほか、リラックス効果などもあります。健康に良い効果もあるので、その利点が受けられないということはデメリットと考えられるでしょう。カフェインが入っている普通の珈琲とは別のものと考えておきましょう。

基本的には、お昼には普通の珈琲を飲んだほうがおすすめです。夜にどうしても珈琲が飲みたくなったが、眠れなくなることを気にして飲めないというときに、カフェインレスの珈琲が役に立つはずです。ノンアルコールビールと同じで、まるで珈琲を飲んでいるような気分にひたれます。精神的な安心感を得られるということが長所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です