コーヒーカプセルの魅力を知ろう

コーヒーカプセルとは、カプセル状の容器に焙煎して挽いたばかりの1杯分のコーヒーが真空状態で詰められています。

これを専用のマシンにセットしてスイッチを押すことで、誰でも簡単に淹れたての美味しいコーヒーを飲むことができます。特徴は真空状態のカプセルに入っており、酸化などの劣化が起こりにくく長期保存が可能です。

レギュラーコーヒーなどは飲み切る前に酸化してまずくなってしまう、そういった悩みがありましたが、コーヒーカプセルはそういった問題点がクリアされています。登場した当初は種類が少なく、ブレンドやモカなど一般的なものしかありませんでした。しかし今は技術の進化により、ブルーマウンテンやキリマンジャロといった人気の産地、チョコレートやアーモンドといったフレーバーコーヒー、さらにカフェオレやカプチーノ、抹茶ラテやティーラテもあります。

どれも真空状態になっていますので長期保存が可能となり、好みに応じていくつか用意しておいても劣化が少なくさまざまな味を楽しめるのが魅力です。気になるのは味だけではなく香りもですが、コーヒーカプセルは焙煎して挽きたての豆を詰めていますので、芳醇な香りがあります。

カプセルをセットしてスイッチを押すだけなので淹れるのが簡単で、朝の忙しい時間帯でも時間をかけずに美味しいコーヒーが飲めるのは嬉しいです。魅力がとても大きく、特徴を知って上手く活用することで生活を便利にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です