コーヒーカプセルの特徴やメリットについて

コーヒーカプセルとは挽きたてのコーヒー豆をカプセルに閉じ込め密封したものです。

そのため、コーヒー豆が光や空気によって劣化しづらく美味しさを保ってくれるだけでなく、コーヒーを淹れた後もカプセルを捨てるだけで後片付けできます。
また、カプセル1つにコーヒー1杯分の豆が入っているため、飲みたい時に飲みたい分だけコーヒーを淹れることができます。

昔のコーヒーマシンは1回で大量のコーヒーを淹れ、保温しておくものが一般的でしたが、コーヒーは淹れた後も時間とともに酸化し味が落ちていきますので、手軽に1杯分だけ淹れることができるのは大きなメリットです。コーヒーカプセルでコーヒーを淹れるには専用のカプセル式コーヒーマシンが必要になりますが、多くのマシンで、すっきりした味から濃い味などその時の気分にあった様々なテイストのコーヒーを淹れることができます。

また、コーヒーの豆の味が違うだけではなく、ミルクを使ったカフェオレやラテといったものや、コーヒー以外の紅茶や緑茶といったコーヒーカプセルもあります。
なお、コーヒーカプセルを購入する場合に定期購入にすると、専用のコーヒーメーカーが無料になるといった特典がついていることが多いので、定期購入がおすすめです。

自分でコーヒー豆を挽き、ハンドドリップするといった本格的なコーヒーの淹れ方も素敵ですが、仕事の休憩中やお客様に手早くコーヒーを出す場合などコーヒーカプセルがあると重宝するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です